WCGウォレット(ウェブ)内での取引方法について

WCG・その他暗号資産・取引所

WCGウォレット(ウェブ)にはExchangeの機能があり、Exchangeを活用することによってWCGを含め、WCGチェーンで発行される通貨(例:DRT、MAT、MTRなど)を取引することが可能。

当記事はWCGウォレット(ウェブ)内に於ける取引方法について解説します。

*スマホの場合、画面表示の範囲が狭いため、PC画面で解説しています。取引する際はタブレット或いはPCで操作することをおすすめします。

*仮想通貨は価値の値動きが激しいので取引する際は慎重に行いましょう。

詳細は以下の通り。

WCGウォレット(ウェブ)内での取引方法

イメージ図

管理人
イメージ図に載せている通貨以外にも今後、増えていくことが予想されます。

Exchangeの画面まで

管理人
Exchangeの表示が重たい場合は、「Trade History→Exchange」の繰り返しでExchangeが表示されます。同じ名前の通貨がいくつも出てきますが、まとめて一つとして選択されるので問題ありません。

購入方法「例:MAT」

購入キャンセル方法

販売方法「例:MAT」

販売キャンセル方法

補足

WCGウォレット(ウェブ)の動作が重たい場合

動作が重たい場合はログインし直すか、ログインURLを変更するなどの工夫をしてみましょう。

ログインURLについては以下、関連記事をご参考に。

WCGウォレット(ウェブ)ログインURL一覧について – Link(リンク)

WCGウォレット(ウェブ)ログインURL一覧について – Link(リンク)

WCG以外に保有している通貨の確認方法

WCGウォレット(ウェブ)はWCGを管理する以外にもWCGチェーンで発行される複数の通貨を管理できます。

保有状況の確認方法は以下、関連記事をご参考に。

WCGウォレット(ウェブ)で「MAT」を確認する方法 – Link(リンク)

WCGウォレット(ウェブ)で「MAT」を確認する方法 – Link(リンク)

管理人のつぶやき

WCGウォレット(ウェブ)には独自のウォレット市場があり、そこでの取引を活用次第ではWCGを増やすことも可能です。

逆に言えば、「減らしてしまう」というリスクも隣り合わせです。

操作がいまいち慣れない場合は、ダメージの少ない最小の量で練習をしてみましょう。

管理人
以上、WCGウォレット(ウェブ)内の取引方法について解説。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter