“WCG”送金方法(セキュリティ強化含む)

WCG・その他暗号資産・取引所

WCGを管理するにあたり

■ID
■パブリックキー
■パスフレーズ(35桁以上)

上記3つを大切に保管することと・・・もう1つだけ!
やるべきことがあります。

それはWCGのアカウント(ウォレット)のセキュリティを高めることです。
詳細は以下の通り。

非アクティヴ→アクティヴに

非アクティヴのアカウントはセキュリティ強化のために、少量で問題ないので、お互いに1度送金し、アクティヴ化することを推奨します。(ブロックが生成されていないため)

なぜならば仮想通貨におけるブロックチェーンの性質だからです。
ブロックチェーンに関しては後半に記述します。

「重要」
・送金は慎重に行ってください。
・当ページからいかなる損失や被害が発生しても、当ブログでは責任を負い兼ねます。

 

送金方法

①非アクティヴなアカウントの場合


【備考】
アカウントを作成し、WCGを一度も送金或いは受け取りをしていない場合、「非アクティブ」になっています。
【注記】
[2]送金先のパブリックキーを入力ですが、WCGを受け取る方はくれぐれも誤ってスフレーズキー(秘密鍵)」を相手に教えないで下さい。
確認するのは「パブリックキー」です。

 

②アクティヴなアカウントの場合



一度でも送金或いは受け取りした場合は、「アクティヴ」になっています。
上記に関しては、アクティヴ後の送金時、参考にして下さい。

補足:ブロックチェーンについて

WCGもブロックチェーン技術が用いられていますが、このブロックチェーン技術がどうのような仕組みで動いているかを説明します。

ブロックチェーンの特徴


・第三者を介することなく、やりとりされる
・高度なセキュリティ
・取引データ(ブロック)は鎖のように繋がって暗号化され、改ざんが困難


つまり、取引されたデータはブロックとして、すべて鎖のように暗号化され繋がっている。中心となるデータベースが存在しないため、データを改ざんすることは不可能に近い。


ということになります。

WCGに置き換えた場合、「非アクティヴ」の状態は、ブロックが生成されていないため、セキュリティが弱いということになります。したがって、一度でも送金或いは受け取りを行って、ブロックを生成した方がセキュリティが向上するので「アクティヴ」の状態ということになります。

今後、WCGも含めブロックチェーン技術は発展していくと思いますので、少しずつ慣れていきましょう。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter