WCGウォレット(ウェブ)アカウント作成方法【2018年10月19日:更新】

WCG・その他暗号資産・取引所

WCGウォレット(ウェブ)はWCG、WCGチェーンで発行される仮想通貨(DRT、MATなど)を管理するための、インターネット上(ウェブ)で管理するお財布です。

当記事はWCGウォレット(ウェブ)のアカウント作成方法について解説します。

詳細は以下の通り。

  • 注意:「アカウントID、パブリックキー、パスフレーズ」は忘れないよう、メモなど工夫して「管理徹底」するようお願いします。忘れたり無くした場合は現状、復旧方法がありません。

WCGウォレット(ウェブ)アカウント作成方法

イメージ図

管理人
イメージ図に載せている仮想通貨以外にも今後、増えてくることが考えられます。

アカウント作成方法

以下、URLからアクセスできます。

WCGウォレット(ウェブ)のログイン、ログアウト方法

補足

WCGウォレット(ウェブ)ログインURLについて

WCGウォレット(ウェブ)はログインできるURLが現在、11通りあることを確認できています。

詳細は以下、関連記事をご参考に。

WCGウォレット(ウェブ)のセキュリティ強化について

WCGウォレット(ウェブ)はアカウント作成しただけでは、取引データ(ブロックチェーン)が生成されていないことにより、セキュリティが弱いと警告文が表示されます。

WCGウォレット(ウェブ)のセキュリティ強化方法は2通りありますので、必要応じてご確認ください。

詳細は以下、関連記事をご参考に。

WCGウォレット(ウェブ)内の取引について

WCGウォレット(ウェブ)はお財布としての管理機能だけでなく、WCGウォレット(ウェブ)内でWCGチェーンで発行される複数の通貨をWCGで取引(売買)ができます。

詳細は以下、関連記事をご参考に。

まとめ

  • WCGウォレット(ウェブ)を作成する際は「パスフレーズ」を35文字以上を任意で入力し作成。
  • アカウントID、パブリックキー、パスフレーズ」は忘れないよう、メモなど工夫して「管理徹底」すること。忘れたり無くした場合は現状、復旧方法がありません。
管理人
以上、WCGウォレット(ウェブ)アカウント作成方法について解説。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter