mfcclub マレーシアにて現地視察【MBI DESAKU編】

海外情報

先日、マレーシアへ行ってきました。

MBI DESAKU・Mmallを視察し、ポイントを使って飲食・商品の購入を経験し学んできました。

詳細は以下の通りです。

マレーシアについて

以下ご参考に。

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、マレー語: Malaysia、英語: Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。

出展元:ウィキペディア「マレーシア」

日本の面積約9割弱の広さであり、人口は日本の16%(約3,000万人)が住んでいます。

そして、「マレー系・中国系・インド系・他多数の部族」で構成された多民族国家でもあります。

平均気温は27〜33℃と高く、どの季節でもスコールと呼ばれるにわか雨が降るのも特徴です。その為、湿度も70%以上と高く蒸し暑い気候です。

管理人
暑がりの管理人にとっては辛い気候でした。もうヘアワックスがベタベタです。笑

 

写真は首都クアラルンプールに建っている高さ452m(88階建)の言わずと知れた「ペトロナスツインタワー」です。

国立石油会社ペトロナスによって建築されています。

日本の建設会社がタワー1を(写真右側)、韓国の建設会社がタワー2(写真左側)を施工しています。

管理人
インフラ開発が進み、ツインタワー以外にも高層ビルが立ち並ぶ近代都市となっています。

 

スポンサーリンク

現地視察の内容

今回、現地視察した主な内容は以下の通りです。

  1. MBI DESAKU【視察・食事】
  2. 海鮮料理BALI HAI【食事】
  3. Mmall【Mcallsの設定・E-genカード作成・ショッピング】
管理人
当記事はMBI DESAKU編としての内容です。

MBI DESAKUについて

マレーシア北部Kedah州KuliのPadang Mehaにある複合住宅です。

MBIが所有する都市開発プロジェクトであり、面積は248エーカー。

1エーカーはサッカー場1コート分です。かなり広い面積です。

MBI DESAKU(以下、DESAKU)の入り口付近の写真。

行かれた方は記念によく撮られる撮影スポットです。

 動画

DESAKU紹介のYouTube動画です。

ご参考に。

開発状況

住宅

写真の通り数多くの住宅が並んでいます。

開発済みのエリアもあれば開発中のエリアもあります。

MFCC

MFCCは大型のコンベンションホールです。既に開発は済んでおり、大きなイベント関係の会場として使われています。

飲食

六鼎軒という中華のお店で食事をしました。

決済方法はMcallsでのポイント支払いです。

その都度、お店の状況やシステムメンテナンスの影響があるので、「O2OとMcalls」の両方で決済できるよう臨機応変に対応する必要があります。

六鼎軒のチャーハンはタイ米との相性が抜群で美味しいです。DESAKUへ行かれた際は是非、ご賞味あれ。

その他おまけ写真

ペナン空港ボーディングブリッジ

写真はペナン国際空港のボーディングブリッジです。

MBIとIVORYの広告です。

高速道路

写真はペナン国際空港を出て最初の高速道路料金所です。

こちらもMBIの広告が大きく掲載されてます。

MBI DESAKU編まとめ

  • 都市開発は現在も盛んに行われている
  • 飲食はMcallsでの決済が可能だった
  • ペナン国際空港、高速道路は現在もMBIの広告が掲載されている
管理人
次回は海鮮料理BALI HAI編について記事にします。

 

↓合わせて読みたい↓

スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter