MBAEX×Kinesis Money【提携】について

暗号資産ニュース

2018年11月24日にMBAEXの公式通知(Official Notice)にてKinesis Moneyとのコラボにより「ステーブルコインを導入」するとの案内がでています。

管理人が分かる範囲でまとめたので、詳細は以下の通り。

MBAEX×Kinesis Money「提携」について

内容

  • MBAEXはKinesis Velocity Token(KVT)と並んで、2019年初頭に新たな安定した通貨として、Kinesis通貨「KAU」・「KAG」との交換を目指す。

MBAEXの公式通知

以下、URLで確認できます。

ステーブルコイン「KAUとKAG」について

  • KAUとKAGはKinesisの仮想通貨。
  • 1KAU=1グラムの金
  • 1KAG=10グラムの銀

ステーブルコインとは

価値が一定となって保たれ、価格変動が小さい仮想通貨のことをステーブルコイン(Stable Coin)と言われます。

ステーブルコインの中にも種類が複数あります。

  1. 法定通貨と連動
  2. 仮想通貨と連動
  3. 無担保

例えば法定通貨と連動させたステーブルコインは「USDT」が代表的で有名です。

その他にもMファンユーザーにとって今後、重要となる「USDTK」も法定通貨と連動させたステーブルコインの一つです。

Kinesis通貨として発行される「KAU」と「KAG」も金と銀を担保にしたステーブルコインを目指しているものだと考えられます。

USDTKについては以下、関連記事をご参考に。

Kinesis Velocity Token(KVT)について

Kinesisで発行される仮想通貨ですが、「KAU」と「KAG」とは異なる仮想通貨で、KVTの保有者はKinesisシステムの取引手数料の20%分を受け取れるそうです。

今の所、管理人が知っているKVTの情報は以下の通り。

  • トークンタイプ:ERC20
  • 発行量:300,000

Kinesisのホームページ

以下、URLからアクセスできます。

Kinesisの公式Twitter

Kinesisの公式Twitterは以下の通りです。Twitterアカウントをお持ちの方はご参考まで。

Kinesisの公式動画

以下、Kinesisの公式動画です。ご参考まで。

管理人のつぶやき

MBAEXの公式通知には2019年初頭とのことなので、12月中にKinesisについて案内が追加で通知されるのではないかと思います。

気長に情報が追加されるのを待ちましょう。

管理人
以上、MBAEXとKinesis Money「提携」について解説。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter