MBAEXの独自通貨「MDP」について

WCG・その他暗号資産・取引所

2018年6月29日にMBAEXの独自通貨である「MDP」が取引開始されました。

MDPについて英文を翻訳し内容を確認しました。

内容が難しいので、わかる範囲で以下の通り記載します。

MDPについて

MDPとは

  • MBAEXが発行した独自通貨。
  • 正式名称はMBAex Digital Pass「単位:MDP」となる。
  • MDPはEthereum(イーサリアム)ブロックチェーンのERC20トークンに基づく分散型ブロックチェーン。
  • 発行総枚数は6億6千枚数で固定。

MDPの取引ゾーン開始について

 

2018年7月3日のシンガポール時間 AM9:00(日本時間 AM10:00)からMDPが基軸通貨として取引が開始されます。

MDPを基軸通貨として取引することを、MDP建てと言います。

(例:MDPでWCGを購入。MDPでETH(イーサリアム)が購入可能という意味。)

MDP建てでの取引チャート(参考用:WCG/MDP)

☝はPC画面での取引チャートです。

管理人
MDPについて新たに情報を入手次第、記事をリリースします。

 

↓合わせて読みたい関連記事↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter