MBAEX公式通知「USDTK建の取引更新」についての考察

WCG・その他暗号資産・取引所

MBAEXの公式通知にてUSDTK建の取引について案内が出ています。

管理人の考察が的中しました。

詳細は以下の通り。

MBAEX公式通知「USDTK建の取引更新」について

公式通知

以下URLから確認できます。

通知内容①

  • 2019年1月8日 日本時間 16:00からUSDTK建ての取引の再構築を行う。

通知内容②

以下、対象の仮想通貨の取引をUSDTK建のみとする。

  • WCG
  • DRT
  • MAT
  • MTR
  • WOS
管理人
つまり、WCG関連の取引はUSDTK建でしか取引ができないという意味と管理人は今の所、解釈しています。

通知内容③

2019年1月8日 日本時間 16:00に以下対象の取引を自動的にキャンセルを行う。

BTC建

  • WCG/BTC
  • DRT/BTC
  • MAT/BTC
  • MTR/BTC
  • WOS/BTC

USDT建

  • WCG/USDT
  • DRT/USDT
  • MAT/USDT
  • MTR/USDT
  • WOS/USDT

MDP建

  • WCG/MDP
  • DRT/MDP
  • MAT/MDP
  • MTR/MDP
  • WOS/MDP
  • USDT/MDP

USDTK建

  • MDP/USDTK

 

管理人の考察

MBAEXの公式通知より、WCG関連の取引はUSDTK建になることを考えると、現在、「USDT建、BTC建、MDP建、USDTK建」は以下の通りです。

BTC建

USDT建

MDP建

USDTK建

まとめ

  • WCG関連の取引はUSDTK建のみ。

管理人のコメント

MBAEXのWCG関連の取引がUSDTK建のみになり、「BTC建・USDT建・MDP建」での取引が現状できません。

したがって、MBAEX経由での現金化は難しくなりました。(USDTK/USDT Exchangeは要検証)

上記に伴い対策方法は今後、EUNEXになるとは思いますが、EUNEXとWCEEXの動向も今後は注意して見ていく必要があると思います。

管理人
以上、MBAEX公式通知「USDTK建の取引更新」について解説。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter