MBAEX「USDTK/USDT Exchange」操作方法について解説

WCG・その他暗号資産・取引所

MBAEXの「USDTK/USDT Exchange」について検証ができましたので、操作方法についてまとめました。

詳細は以下の通り。

【追加補足】

「USDTK/USDT Exchange」において、MBAEX側で1日おける交換上限が設定されているようです。

☝️のコメントが何回も表示される場合はMBAEX側の1日における交換上限に達している可能性があります。

MBAEX側が上限に達した場合は、「USDTK/USDT Exchange」の交換作業ができないようなので、その場合は翌日に再度チャレンジするなどの工夫をお願いします。

それでもなかなか交換できない場合は、直接MBAEXに問い合わせを行なってみましょう。

USDTK/USDT Exchange

イメージ図

操作方法「WCGウォレット(ウェブ)からUSDTKをMBAEXに送金」

  • WCGウォレット(ウェブ)からUSDTKをMBAEXに送金する際にパブリックキーの入力が要求された場合、MBAEXのUSDTKのDeposit(パブリックキー)を入力しましょう。

操作方法「MBAEX:USDTKをUSDTに交換」

  • MBAEXのユーザーはUSDTK/USDTを24時間以内に1回のみ交換することが可能(最大:5,000USDTK、最小:100USDTK)。
  • USDTK/USDT為替レートは1.25%。

操作方法「MBAEX:USDTをUSDTKに交換」

  • MBAEXのユーザーはUSDTK/USDTを24時間以内に1回のみ交換することが可能(最大:5,000USDTK、最小:100USDTK)。
  • USDTK/USDT為替レートは1.25%。

補足:USDTKについて

  • 1USDTK=1USD相当の仮想通貨
  • WCGチェーンで働く仮想通貨。
  • USDTKのウォレット管理はWCGウォレット(ウェブ)、WCGウォレットアプリで可能。
  • 発行元はIBRC(INTERNATIONAL BLOCKCHAIN RESEARCH CLUB)。
  • ステーブルコインの一つ。
  • 価格変動が起きにくいことから、一時的な避難先(利確)として用いることが可能。

USDTKの詳細は以下、関連記事もご参考に。

補足:USDTについて

  • 1USDT=1USD相当の仮想通貨
  • ビットコインのブロックチェーンを利用したプラットフォーム「Omni」の1種として発行。
  • 発行元はTether(テザー)社。
  • ステーブルコインの1つ。
  • 仮想通貨の中でも特に中央集権的であることから、Teher社に何かしら影響(ハッキングや会社破綻など)があると、通貨にも影響が及ぶ。
  • 価格変動が起きにくいことから、一時的な避難先(利確)として用いる投資家も多い。

補足:ステーブルコイン(Stable Coin)とは

価値が一定となって保たれ、価格変動が小さい仮想通貨のことをステーブルコイン(Stable Coin)と言われます。

ステーブルコインの中にも種類が複数あります。

  1. 法定通貨と連動
  2. 仮想通貨と連動
  3. 無担保

例えば法定通貨とほぼ連動させたステーブルコインは「USDT」が代表的で有名です。

その他にもMファンユーザーにとって今後、重要となる「USDTK」も法定通貨とほぼ連動させたステーブルコインの1つです。

まとめ

  • WCGウォレット(ウェブ)からUSDTKをMBAEXに送金。
  • MBAEXのMy AssetsのUSDTKのExchangeから「USDTKをUSDTに交換」。
  • MBAEXのMy AssetsのUSDTのExchangeから「USDTをUSDTKに交換」。
  • 交換手数料は1.25%
管理人
以上、MBAEXの「USDTK/USDT Exchange」の操作方法について解説。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter