mfcclub「Mクレジット2→USDTK」交換について

MfcClub

2018年11月21日にMクレジット2をUSDTKに交換作業を行い、2018年12月3日にWCGウォレット(ウェブ)にUSDTKが反映されたことを確認できました。

当記事はMクレジット2をUSDTKに交換する方法について解説します。

詳細は以下の通り。

Mクレジット2→USDTK「交換」

イメージ図

操作前に

WCGアカウントをバインディングしていない場合は、必ず「WCGアカウントをバインディングする」作業を行なって下さい。

WCGアカウントをバインディングとはmfcclubのアカウントIDとWCGウォレット(ウェブ)を繋げることを意味します。

以下、関連記事をご参考に。

操作方法

  • Refは念の為、メモなどに保存して記録に残して起きましょう。

WCGウォレット(ウェブ)確認方法【My Assets】

WCGウォレット(ウェブ)確認方法【Account Ledger】

管理人
Account LedgerでUSDTKが反映された履歴を確認できますが、USDTKの元帳データが30,0001ブロック目の扱いになるとAccount Ledgerから表示されなくなります。

管理人のつぶやき

11月21日にMクレジット2からUSDTKに交換作業を行い、反映されたのが12月3日でした。

アカデミーの通知では4〜7営業日かかるとの文面ですが、反映された期間は12日間要しました。

若干、日数は変動することがありますので、ご参考まで。

まとめ

  • WCGアカウントをバインディングしていない場合は、バインディングを行うこと(基本、設定は1回のみでOK)。
  • Mクレジット2→USDTK交換の作業を行う。
  • 4〜7日間ほど経過したらWCGウォレット(ウェブ)にUSDTKが反映されたか確認を行う。
管理人
以上、Mクレジット2をUSDTKに交換について解説。

 

👇合わせて読みたい👇

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter