用語解説「MfcClub、暗号資産、暗号資産取引所、スマホ・パソコン関連」

「マニュアル」一覧

mfcclub、WCGを含む暗号資産関連、暗号資産取引所関連、スマホ・パソコン関連の用語を簡単ではありますが、箇条書きで解説しています。

詳細は以下の通り。

用語解説

MfcClub

AP(広告権)

  • APを購入することによりMfcClubの会員になれる。
  • APを使って広告を貼ることが可能。
  • 広告を貼るサイトはミラーピン。

GRCウォレット(GRC1購入ポイント)

  • APを購入することにより付与されるポイント。
  • 選択するAPセットの内容により付与されるGRCウォレットは異なる。
  • GRCを市場に販売し、買い取られたGRCの30%はGRCウォレットに付与される。

GRC

  • GRCウォレットでGRCを購入することが可能。購入する枚数はGRC購入レートによって異なる。MfcClub独自のクーポンシステムであり、「分配」を繰り返すことにより、GRCの枚数は増えていく。また、GRCを軸にして様々なポイントへ派生する。

NEVウォレット(NEV購入ポイント)

  • MEVウォレットでNEVを購入することが可能。購入する枚数はNEV購入レートによって異なる。MfcClun独自のクーポンシステムであり、「分配」を繰り返すことにより、NEVの枚数は増えていく。

NEV

  • NEVウォレットでNEVを購入することが可能。購入する枚数はNEV購入レートによって異なる。MfcClub独自のクーポンシステムであり、「分配」を繰り返すことにより、NEVの枚数は増えていく。

RS(資源共有ポイント)

  • APを購入することにより付与されるポイント。選択するAPセットの内容により付与されるRSは異なる。
  • ウォレットからRSに交換することも可能。比率は1:1。
  • RSを使うことによって、WCG関連の暗号資産トークンを購入することが可能(Mアカデミー通知のキャンペーン案内によってWCG関連の暗号資産トークンを購入できるタイミングが影響する)。

Mクレジット1

  • ウォレットに交換することが可能。比率は1:1。

Mクレジット2

  • GRCを販売し、買い取られたGRCの55%が付与されるポイント。
  • 紹介報酬として報酬の70%が付与されるポイント。
  • Mクレジット2を市場に販売することにより現金化が可能。(ただし、買取がある場合)
  • Mクレジット2はウォレットに交換することが可能。比率は1:1。

レジスターウォレット

  • 通称「ウォレット」と呼ばれる。
  • APを購入するためのポイント。

QP

  • APを購入するためのポイント。

Eクレジット

  • GRCを市場に販売し、買い取られたGRCの5%がEクレジットに付与される。
  • Mcoinに交換するためのポイント。

MP

  • Mcoinに交換するためのポイント。
  • APを購入する際に、購入する10%分をMPで使用することが可能。

Mcoin

  • Eクレジット、MPからMcoinに交換することが可能。
  • 商品やサービスを購入するのに使えるポイント。(国によって異なる。)
  • McoinからLR、M-ePointへ交換することが可能。

LR

  • 商品やサービスを購入するためのポイント。

M-ePoint

  • 商品やサービスを購入するためのポイント。

O2O LR

  • LRで使える決済システム。

E-Gen Card

  • M-ePointをチャージするのに使えるカード。

MG

  • mfcclubが新システムに変わる前に実施された六六大順によって付与されたポイント。
  • MGはWCG(暗号資産)に交換することが可能。比率は1:1。

ACO

  • MfcClubが新システムに変わる前に六六大順を適用されていないアカウントに付与されたポイント。
  • 正式名は「Assets Channel Operator」と呼ばれるポイント。
  • ACOを使って「資産パッケージ(プロジェクト参加)」を購入することが可能。

MTI

GV

  • 商品値/初購入/チャージ/トップアップ

BV

  • 還元値(SR、CR、GR適用)

PV

  • 店舗還元値

MT

  • 会社から購入するレジスターポイント

MC:M Credit

  • 還元ポイント

MR:M Register Point

  • MCredit(還元ポイント)からMRegister Poitに変換(直接のグループ間でトランスファー可能)。

MA:M Account Repurchase

  • 自己アカウントのトップアップまたはグループの直接のグループメンバー登録(直接のグループ間でトランスファー不可)

ML

  • 自社製品およびサービスの購入、または店舗商品・サービスの優待購入

MS

  • 買い物クーポン券

AR:Affiliate Reward

  • 紹介還元(6〜10%)

CR:Community Reward

  • コミュニティ還元(6〜10%)

GR:Guidance Reward

  • 指導還元(1〜4%)

PR:Purchase Reward

  • 買い物還元(5%)

SR:Sharing Reward

  • 共有還元(0〜1%)

MRR:Merchant Recruitment Reward

  • 店舗紹介還元(1〜5%)

GSR:Global Sharing Reward

  • グローバルシェアリング還元(1-3)

3種の還元法則

  • 紹介コミュニティ構築:AR(紹介還元)+CR(コミュニティ還元)+GR(指導還元)
  • 消費店舗紹介連結:PR(買い物還元)+MRR(店舗紹介還元)
  • 消費共創:SR(共有還元)+GSR(グローバルシェアリング還元)

WCG

WCG

  • World Crypto Goldと呼ばれる暗号資産。単位はWCG。保有量はgで表現される。
  • WCGチェーン上で使われる複数の通貨の親分的存在。

WCGウォレット(ウェブ)

  • WCG、WCGチェーンで使われる複数の通貨を管理できるブロックチェーンウォレット。いわゆるお財布。
  • ウォレット内部にも市場があり、WCGを使って取引も可能。そのほかにもメッセージ機能、投票機能なども有している。

WCGウォレット(アプリ)

  • WCG、WCGチェーンで使われる複数の通貨を管理できる簡易ウォレット。いわゆるお財布。
  • 操作が簡単で動作処理も早い。決済関係に向いているウォレット。

DRT

  • WCGチェーンで使われる暗号資産。
  • ドリアントークンと呼ばれる暗号資産。単位はDRT。
  • ドリアン事業に関わる暗号資産。
  • CCGモールで販売されているドリアンはDRTで購入されている。

MAT

  • WCGチェーンで使われる暗号資産。
  • マルチ農業トークンと呼ばれる暗号資産。単位はMAT。
  • 農業事業に関わる暗号資産。
  • 複数の農作物で使われる暗号資産。

MTR

  • WCGチェーンで使われる暗号資産。
  • ショッピング、保険、ライブストリーミング関係で使われる。単位はMTR。
  • 「消費は投資・消費は資産」を実現させることを目的とした通貨。

USDTK

  • WCGチェーンで使われる暗号資産。
  • 1USDTK=1USD相当の価値を安定させる通貨。
  • 発行元はIBRC

CTM:Crypto Trading Machine

  • WCG、BTC、ETHなどで使用される。いわゆる仮想通貨におけるATMのような位置付け。
  • CTM専用の暗号資産。
  • ホームページ(CoinKing):https://coinkingglobal.com/
  • ホームページ(Beets TM):http://beestmglobal.com/

EQT:Educational Quotient Token

  • 教育関係に関わる暗号資産。

WOS:World Of Sharing

GVM:Game View Money

NRT:New Zealand Real Estate Token

  • ニュージーランドの不動産事業に関係すると思われる暗号資産。

MPV:Master Property Value

  • 詳細不明なのでわかり次第、更新(噂では不動産トークン)。

JEI:Jademan Empire International

  • 漫画関係、クリエイティブ関連に関係する暗号資産。
  • ホームページ:https://jademan.net/tc

暗号資産(時価総額ランキングトップ3)

ビットコイン

  • 2009年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物の論文を元に運用が開始された暗号資産。
  • 通貨の単位は「BTC」。
  • 時価総額ランキング1位を常にキープ。
  • あらゆる暗号資産取引所で基軸通貨として取り扱われる。
  • 暗号資産におけるパイオニア的な存在。

イーサリアム

  • 2013年にヴィタリック・ブリテンにより考案された暗号資産。
  • 通貨の単位は「ETH」。
  • 時価総額ランキング2位の暗号資産。
  • ICOの資金調達で指定される暗号資産はイーサリアムが多い。
  • 分散型アプリケーションのプラットフォームのために開発された。

リップル

  • 2004年にプロジェクトがスタートし、2013年に配布が正式にスタートした暗号資産。
  • 「決済機能と送金機能」に焦点を当てて開発され、国際送金システムに革命を起こそうとしている暗号資産。
  • 通貨の単位は「XRP」
  • 時価総額ランキング3位の暗号資産。
  • 他の暗号資産と違い「中央集権型」の特徴がある。
  • リップル社は世界数十カ国の銀行・決済業者との提携を進めており、国内では「みずほ銀行、りそな銀行」など大手金融機関がリップルによる実証実験を行なっている。

暗号資産取引所関連

MBAEX

  • WCGを取り扱っているシンガポール拠点の仮想通貨取引所。

WCEEX

  • WCGを取り扱っている仮想通貨取引所。
  • USDTKを取り扱っている。

PPbits

  • WCGを取り扱っている仮想通貨取引所。
  • 日本人は登録不可。

EUNEX

  • ヨーロッパ市場向けの仮想通貨取引所。(近日、取引所がオープン)

スマホ・パソコン関連

Google Chrome

  • Googleが提供しているブラウザエンジン。翻訳機能も有しており非常に優秀。

Safari

  • iPhone、iPad、Macなどに搭載されているブラウザエンジン。使い勝手が良い。

Google翻訳

  • Googleが提供している翻訳システム。様々な言語に対応しており、手軽に翻訳が可能。さすがはGoogle先生。
  • 文法によっては翻訳制度が悪くなるのが気になるところ。
管理人
以上、いろんな用語について解説。今後も増やしていく予定です。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter