CTMメーカー「CoinKing、BeesTM、CCM」について

WCG・その他暗号資産・取引所

CTM(Crypto Trading Machine)のメーカーについてまとめました。

詳細は以下の通り。

CTMメーカー「CoinKing、BeetsTM、CCM」について

CTMとは

CTMの正式名称は「Crypto Trading Machine」と呼ばれる暗号取引機です。主な用途は以下の通りです。

  • 現地通貨(所在に基づいた法定通貨)で仮想通貨に取引することが可能。
  • 仮想通貨を現地通貨(所在に基づいた法定通貨)に取引することが可能。
管理人
仮想通貨におけるATMに近いですね。

現在、確認できているCTMメーカーは3社

CTMメーカーは現在、以下3社確認しています。

  • CoinKing
  • BeesTM
  • CCM

CoinKingのホームページ

以下、URLからアクセスができます。

CoinKkingではWCG、BTC、ETHを取り扱っています。

BeesTMのホームページ

以下、URLからアクセスができます。

BeesTMもホームページの通貨アイコンを見る限り、WCGを取り扱いそうな印象を感じます。

CCMのホームページ

以下、URLからアクセスができます。

CCMもホームページの通貨アイコンを見る限り、WCGを取り扱いそうな印象を感じます。

WCGチェーンで発行される仮想通貨「CTM」について

WCGチェーンで発行される仮想通貨「CTM」ですが、WCEEXの「Assets Introduction」で紹介されています。

管理人がわかる範囲でまとめてみました。

  • 発行機関:World Encrypted Assets Club
  • コアアルゴリズム:SHA256、Curve25519
  • 特徴:資産循環、安定した価格資産

WCEEXのCTM紹介は以下、URLで確認できます。

ご参考まで。

管理人
WCEEXでCTMが紹介されているので、WCEEXにCTMが上場することが考えられます。

関連記事

以下、関連記事はCTM関連です。

ご参考まで。

まとめ

  • CTMメーカーは現在、「CoinKing、BeesTM、CCM」の3社を確認。
  • WCEEXで仮想通貨CTMが紹介されている。
管理人
CTM関連について、情報が新たに入り次第、記事をリリースします。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter