暗号資産を管理・情報収集するのにおすすめアプリを紹介!

WCG・その他暗号資産・取引所

暗号資産管理アプリにおいて、管理人が使っているおすすめアプリをご紹介いたします。

詳細は以下の通り。

暗号資産アプリ「おすすめ」

Blockchain Wallet Bitcoin

Blokchain Wallet Bitcoinはビットコインを送金・受取ができるウォレットアプリです。

また、保管できる暗号資産は

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラ)

の主要な暗号資産を取り扱っています。

二段階認証、指紋、PINコードなどといったセキュリティ関係に力を入れてるのがポイント。

また、ビットコインで支払いができる実店舗をマップ上で位置表示してくれるのも面白い機能です。

Blockchain Wallet: Bitcoin
無料
(2019.06.28時点)
posted with ポチレバ

コイン相場

コイン相場とは「COIN JINJA(コイン神社)」が運営している暗号資産管理アプリです。

主な特徴は以下の通り。

  • ニュース配信
  • 暗号資産のマーケット
  • ポートフォリオの管理
  • ピックアップ(ICO情報や取引など)

上記以外にもコイン相場は暗号資産を情報収集を行うのに必要な機能をたくさん盛り込んだ今までにない便利なアプリとなっています。

クリプトフォリオ

クリプトフォリオとはウォレットや取引所に分散して管理している暗号資産を把握できるよう一つのアプリで確認・管理できるのがクリプトフォリオです。

コイン相場の簡易版のようなイメージです。

使い方はシンプルです。

DeCurret

DeCurret(ディーカレット)は2019年3月に暗号資産交換業者として認可された暗号資産の取引と専用アプリでのウォレットとしての管理の両方を備えたアプリとなります。

シンプル見やすい画面かつ操作が簡単なので、これから暗号資産をやってみようと思う方にはおすすめできるアプリです。

数多くの企業が提携しているのも注目です。

まとめ

  • ビットコインなどを管理したい場合は「Blokchain Wallet 」
  • 暗号資産の情報を収集しながら相場のチェックをしたい場合は「コイン相場」
  • シンプルに暗号資産の相場チェックをしたい場合は「クリプトフォリオ」
  • 暗号資産取引・管理の両方を行いたい場合は「DeCurret」

以上、暗号資産管理アプリおすすめの紹介です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク

関連コンテンツ