暗号資産取引所「bitFlyer:ビットフライヤー」アカウント作成方法

WCG・その他暗号資産・取引所

国内の暗号資産取引所「bitFlyer:ビットフライヤー」は日本の主要メガバンク「SMBC、GMO、三菱UFJキャピタルなど」から出資を受けている国内でも有数の暗号資産取引所です。

また、BTC(ビットコイン)の取引量は国内No.1です。

今回はビットフライヤーのアカウント作成について分かりやすく解説します。

詳細は以下の通り。

bitFlyer:ビットフライヤー「アカウント作成」

アカウント作成の流れ

  1. アプリのインストール
  2. メールアドレス登録
  3. ログインパスワード設定
  4. Google2段階認証設定
  5. 本人情報入力
  6. 本人認証(※運転免許証、パスポート、マイナンバーのいずれかを準備

①〜⑥の手順となります。

管理人
本人認証を行うのにおすすめな身分証明書は運転免許証です

ビットフライヤーのサイトは以下URLからアクセスできます。

管理人
ここでは例として運転免許証で解説を進めます

以上でアカウント登録が完了となります。

本人確認の認証は1週間ほどで結果が反映されます。

bitFlyerまとめ

【bitFlyerの特徴】

  • 日本のメガバンクが出資している暗号資産取引所
  • BTCの国内取引量No.1

【アカウント登録】

  • アカウント登録はアプリがおすすめ
  • 必ずGoogle2段階認証を設定すること
  • 本人認証は運転免許証がおすすめ
管理人
以上、bitFlyerアカウント登録方法について解説

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク

関連コンテンツ