EUNEX「画面構成」について「メニュー編」

WCG・その他暗号資産・取引所

こんにちは。Link管理人です。

今回はEUNEXの「画面構成:メニュー構成」について解説をまとめました。

詳細は以下の通り。

EUNEX「メニュー構成」

スマートフォン画面をベースに解説をまとめました。

今回はメニュー全体の構成ついて理解していきましょう。

今後は各項目について記事を更新していきます。

EUNEXのログインページは以下の通りです。

【EUNEXログインページ】

トップページ

各暗号資産の価格表示は「暗号資産/USDT」で表示されます。

BTCの価格に9122と価格が表示されていますが、この意味は「1BTC = 9122USDT」ということになります。

1USDT=107円なので9122×107=976,054円となります。

メニュー解説「1」

各メニュー内で使用頻度が多いのは

  • Orders「取引履歴」
  • Balance「保有している暗号資産」
  • Account「アカウント情報」
  • Events「イベント」
  • Announcements「公式通知」

となります。

メニュー解説「2」

各ニュー項目内について解説します。

Orders

  • Open Orders:取引中「売り予約・買い予約」の状況確認

  • Order History:過去の取引履歴「売り・買い」をさかのぼって確認

  • Transaction History:過去の入金・送金履歴を遡って確認

Balance 

  • My Assets:保有している暗号資産の確認
  • Financial records:保有している暗号資産の総資産をUSDT価格で確認
  • Frozen records:取引中の暗号資産を確認

Account

  • Setting:アカウント情報「パスワード関連、2段階認証」などの設定・確認
  • Verification:「パスポート・運転免許証」などによる本人認証「KYC」の確認
  • nlB Registration:EUNEXを広めるブローカー管理画面(ブローカーのみ閲覧可能}
  • Group Transfer:グループ送金の管理画面(ブローカーのみ閲覧可能)
  • Adress Book:アドレス帳の管理画面(ブローカーのみ閲覧可能)

Events

  • nGRC Dashboard:nGRC定量イベントの管理画面
  • WCG/nWCG exchange:WCGをnWCGに交換する管理画面
  • GRC2 Dashboard:GRC2定量イベントの管理画面

まとめ

今回はEUNEXのメニュー項目の概要について解説しました。

今後は各メニューの詳細「使い方」について触れていきます。

英語表記になっていますが、確認するポイントは決まっていますので、慣れさえすれば難しくありません。

まずは「概要」を理解しましょう。

管理人
以上、EUNEX「メニュー項目」について解説

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter