EUNEX「GRC Token 現金化」する方法について

WCG・その他暗号資産・取引所

暗号資産取引所EUNEX2.0でGRC Tokenを現金化する方法について、現状分かる範囲で解説をまとめました。

  • 重要①:現金化するためには暗号資産の取引方法(売買)の知識かつ、画面表示範囲の関係上、タブレットもしくはパソコンでの操作が望ましい環境となります。
  • 重要②:今回の記事の解説は全てパソコン画面での解説となります。

詳細は以下の通り。

GRC Token現金化する方法

イメージ図

現金化する方法を箇条書きで表現すると以下のとおりです。

  • ①EUNEX1.0でGRC Token定量イベントに申請
  • ②EUNEX1.0でGRC Token定量イベントの申請が承認される
  • ③EUNEX1.0→EUNEX2.0の設定作業を行う
  • ④EUNEX2.0でGRC/USDTの取引(売買)を行う
  • ⑤④の取引ボリュームに応じてEUNEXに申請したGRC Tokenのロックが開放される
  • ⑥開放されたGRC TokenでGRC/USDTの取引を行って現金化

管理人は現状①〜⑤まで確認ができました。

⑥に関しては未検証のため、検証ができ次第、記事を更新します。

操作方法

GRC Token Mining画面について

GRC/USDT取引方法「GRC Token購入」

GRC/USDT取引方法「GRC Token販売」

まとめ

重要なのはUSDTを使って「GRC/USDT取引(売買)」を何度も行うことによって、GRC Tokenの取引ボリュームを大きくしていくことになります。

大きくしたGRC Token取引ボリュームに応じて、申請したGRC Tokenのロックが解除され現金化につながると管理人は考察しています。

では、何回取引を行えば良いのか?がとても重要になってきます。

表は1日におけるGRC Tokenの取引ボリュームに応じて、申請したGRC Tokenのロックが解除される数量を表しています。

解除される数量は最小で72 GRC Token、最大で730 GRC Tokenとなります。

ここで以下の通り計算してみました。

【計算条件①】

  • 取引運用資金:100USDTとした場合

【計算結果】

  1. 取引ボリューム20,000GRC Tokenを満たすためには約120回以上の取引回数(売買)が必要
  2. 取引ボリューム240,000GRC Tokenを満たすためには1200回以上の取引回数(売買)が必要

【計算条件②】

  • 取引運用資金:1000USDTとした場合

【計算結果】

  1. 取引ボリューム20,000GRC Tokenを満たすためには約12回以上の取引回数(売買)が必要
  2. 取引ボリューム240,000GRC Tokenを満たすためには120回以上の取引回数(売買)が必要

という計算結果となります。

なお、計算結果に関しては取引手数料などは含めていませんので概算となります。

したがって、ご参考程度にお願いします。

関連記事

以下記事も合わせてご参考に。

合わせてご参考に。

仮想通貨取引所「EUNEX」アカウント作成方法

2018年10月16日

EUNEX「Fundパスワード、Google2段階認証」再取得方法

2019年8月22日

EUNEX「GRC Token定量イベントにおけるEUNEX1.0バージョンからEUNEX2.0バージョンに設定」する方法

2019年12月8日

WCGウォレット(ウェブ)からGRC TokenをEUNEXに送金する方法

2019年12月3日

EUNEX「BTC/USDT」取引方法(USDT→BTC)について

2019年5月25日

EUNEX「ビットコインをbitbankへ送金」する方法

2019年3月3日
管理人
以上、GRC Token現金化について解説。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter