MfcClub「アカウント終了・GRC Token化」について考察

MfcClub

MfcClubのメニュー内に「アカウント終了」の項目が最近、追加されています。

正式な公式案内はまだ情報が流れてこないですが、管理人の分かる範囲で「考察」をまとめました。

詳細は以下の通り。

「アカウント終了・GRC Token化」について考察

イメージ図

イメージ図の通り「アカウント終了」画面からGRCをToken化するとMfcClubのGRCがEUNEXにGRC Tokenとして保管される仕組みとなっています。

上記を実行すると同時にアカウントはログインできなくなります。

また、保有してるLR・RS・ACOなども扱えなくなるので注意が必要です。

そして、MfcClubのアカウントレベルによってGRC Tokenとなる枚数が以下の通り固定されています。

  • 100AP〜500AP:未確認
  • 1,000AP:4,000GRC Token
  • 2,000AP:8,000GRC Token
  • 5,000AP:20,000GRC Token
  • 15,000AP:60,000GRC Token
  • 3,5000AP:140,000GRC Token

 アカウント終了を実行してみると?

アカウント終了画面にてGRC Token化を実行してみました。

実行条件は「5,000AP:20,000GRC Token」です。

実行するとEUNEXにGRC Tokenはすぐに反映され、MfcClubのアカウントはログインできなくなりました。

解説画面は以下の通り。

EUNEXに反映されたGRC Tokenについて

EUNEXの「My assets」でGRC Tokenが反映されています。

なお、My assetsにてGRC Tokenの正式名称は「Game Redemption Coin:以下、GRC Tokenと称す」であることが判明しました。

また、GRC Tokenの保有枚数が20,000枚に対して5,000USDTと価値が表示されています。

つまり、計算するとEUNEXに保管されているGRC Tokenの1枚あたりの単価は0.25USDTと計算できます。

ですがここで注意が必要です。

注記

GRC TokenはEUNEXに上場していないにも関わらず、1枚あたり0.25USDTという価値として保管されていますが、必ずしも0.25USDTが保証されているわけではありません。

正式に上場案内の公式通知も出ていないため、上場直後の取引レートも不明の状態です。

GRC Tokenも暗号資産なので今後、上場したとしても価格変動するという認識を忘れないようにしましょう。

関連記事

以下関連記事も合わせてご参考に。

MfcClub【重要】「アカウント終了」について

2019年11月7日

mfcclub「Google2段階認証」設定方法について

2018年1月7日

仮想通貨取引所「EUNEX」アカウント作成方法

2018年10月16日

WCGウォレット(ウェブ)アカウント作成方法【2018年10月19日:更新】

2018年3月1日

EUNEX「Fundパスワード、Google2段階認証」再取得方法

2019年8月22日

EUNEX「BTC/USDT」取引方法(USDT→BTC)について

2019年5月25日
管理人
以上、「アカウント終了・GRC Token化」についての考察となります。
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter