MfcClub「新しい変化バージョン1弾」について

MfcClub

MFC管理層から公式通知の情報を入手しました。

今回の通知内容は韓国のMfcClubユーザーが対象です。

日本国内のMfcClubユーザーは対象外です。

要点をまとめましたので、詳細は以下の通り。

MFC管理層通知「新しい変化バージョン1弾」について

内容

  • 保有しているレジスターウォレット(通称:ウォレット)は2019年7月20日までに使うこと。
  • 2015年11月18日以前のアカウントはNEVにトップアップしてはいけない。
  • レジスターウォレットはMfcClubの新規アカウント登録(NEV)に使用すること。
  • Mクレジット市場に販売しているMクレジット2もキャンセルしてMfcClubの新規アカウント登録(NEV)に使用すること(Mクレジット2→レジスターウォレットに変換)。
  • 2019年7月22日から「MP、Mクレジット1、Mクレジット2、QP、Eクレジット、レジスターウォレット)などは全てショッピングポイントである「新LR」に変換される。
  • 新LR(1LR=1$)。
  • Mcoinと既存のLRは為替レートによって、新LRに切り替わる。

関連記事

各種ポイント関連や必要であると思われる記事を以下の通りピックアップします。

ご参考まで。

MfcClub「新規登録:NEV」について

2019年6月16日

確認すべき項目

2019年5月10日

“mfcclub”MCoin→LR変換方法

2018年2月16日

MfcClubなどの「各種ポイント管理表」について

2019年4月2日

管理人のコメント

MFC管理層から急な公式通知が流れました。

保有している「レジスターウォレット、MP、Mクレジット1、Mクレジット2、QP、Eクレジット」をアカウント全て把握しておかなければなりません。

またアカウント登録日によっては条件が多少異なります。

今回は韓国のMFcClubユーザーが対象ですが、いつ日本国内ユーザーを対象に通知が流れてもおかしくないので、状況把握をしておきましょう。

管理人Dai
以上、Mfc管理層「新しい変化バージョン1弾」について解説。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter