WCG関連の暗号資産「TLT Token」について

WCG・その他暗号資産・取引所

WCG関連の暗号資産の一つ「TLT Token」について調査してみました。

詳細は以下の通り。

TLT Tokenについて

TLT Tokenとは

  • WCG関連の暗号資産
  • 正式名称は「Travel Leisure Token」
  • 発行枚数:3.3億枚
  • TLT Tokenの目的はブロックチェーン技術で「ホテル、航空券、レストラン、チケット」など世界の観光業をデジタル化。

TLT Token 公式サイト

以下、リンクからアクセスできます。

備考

↑の通りTLT TokenはMtravel Clubのアカウントでログインができます。

このとからMtravel ClubとTLT Tokenは何かしら繋がりがありそうです。

  • *TLT Tokenのプレセールは終了しているため参加ができません。

管理人のコメント

TLT Tokenがいつ上場するか問い合わせを行なったところ以下の通り回答がありました。

↓日本語訳↓

  • マレーシアの政府法によりブロックチェーンの規定が定められていないため、TLT Tokenのリリース日は保留となります。
管理人Dai
つまり、暗号資産の規制が定まらないと上場ができない。という意味だと管理人は解釈しています。

補足

フィンテックニュースマレーシアの報道によるとマレーシア財務部部長を務めるLim Guan Eng氏は「マレーシア証券委員会がICOと暗号資産取引所に適用可能の規制枠を作っている」とコメントしているようです。

管理人Dai
以上、WCG関連の暗号資産「TLT Token」について解説。何かしら情報が入り次第、記事をリリースします。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク

関連コンテンツ

Link公式Twitter